ブログ

ホームページ、リニューアルオープンしました。My homepage has been redesigned!

ホームページ

しばらく目の回る忙しさで1ヶ月以上ブログを更新できなかった。年内に2枚の大作を描き上げなければならないことに加え、現在武蔵美の絵画組成室で本格的に技法書を作る作業が進められており、そのための“作文”、制作過程用の作例準備、加えて子供の受験に関わるあれこれ・・・。もういろんなことがいっぺんに降りかかってきて、自分でも何やってんだかわかんないような状態で・・・。

そんな中、昨年末から不具合が生じてしまったホームページのリニューアル作業がようやく一段落を迎えた。この方面に関しては全くの素人のため、初めは自分で何とかしようかとも思っていたが、3日もしないうちにあっさり断念。これまでのホームページを作って下さった方に全てお願いすることになった。いや、ほんとにお願いしてよかった。こんなに立派なもの、逆立ちしてもとうてい自分には作れません!

http://www.osamu-obi.com/

今回、新たに加わったのは、技法の部分とビデオ。技法については以前から載せてはいたが、新たにレンブラントの技法について1年間パリで研究してきたことをまとめた論文を載せている。帰国後、私が使い始めたメディウムと、それに伴って描き始めたオイルスケッチ。そこに至る過程がこれを読んでいただければわかるかと思う。この中で使われている卵黄を含むエマルジョンを使った描き方・・・(厳密に言えば油性テンペラ)については近年のレンブラントのメディウム分析の結果から導き出したものではあるが、まだそれは現在のところ一般的に認められている方法というわけではない。一部では卵黄の検出されたのは劣化したスマルトが誤って認識されたものであるとの見方もあるらしい。しかし実作者として実際に当時の材料に近いものを用いて描いてみた者の実感としては、それによって達成される絵肌、筆の運びやすさ共に、必然性を感じる非常にしっくりくるものだったし、分析結果と矛盾しない中で最も合理的な方法だとも感じている。何より自分にとって最も重要だったのは自分にとって描きやすい方法だったこと。自分の表現の可能性を広げてくれるものだったこと。である。そんな前提で読んでいただければと思う。

http://www.osamu-obi.com/rembrandts-medium/

ビデオについてはだいぶ前にyoutubeにいくつかアップしていたのだが、当初、完全に趣味的に始めたもので、こんなものを知り合いに見られるのもちょっと恥ずかしいからと、公開しておきながらできるだけばれないようにと、検索に引っかからないよう、一切日本語を使わずアカウントも自分の名前を使わないでこっそりと始めたのだが、何年か経つうちやっぱりじわじわ広がってしまったようで、もはや“こっそり”の意味がなくなってしまった。そこでこの際表に出すことにした。見たことのない方はどうぞ!

おまけ。今描いてる作品はあんまり全て公開するわけもいかないのだが、ちょっとした部分の画像など、いくつかチラ見せ程度に。ここから全体を想像してみて下さい!

p.s. 一時的にブログ用にここで始めていたページはしばらく後に閉じ、新しい方に完全に移行いたします。フォローして下さっている方は是非新しい方をフォローしていただければと思います。

The page that I temporarily started here for blogs will close for a while and will completely shift to the new one. If you are following this site please follow the new page.

広告

IMG_4138_Rうちの庭には小さな畑がある。せいぜい4畳半程度のもの。庭は日当たりがあまりよくないのでそれほど立派な作物ができるわけではないのだが、それでも春から夏にかけてそれなりの野菜が食卓にのぼることになる。今は去年の秋に種をまいておいたリーフレタスが葉を出し始めIMG_4140_Rている。充分育つまで待って収穫していると、いっぺんにたくさん採れて食べきれずにだめになるので、いくつも植えて、葉が出てきた順に下の葉から摘んで食べていくようにすると結構長い間食べ続けることができる。春にばらまくように種をまいた水菜や春菊、小IMG_4141_R松菜などは混みすぎたのを間引きながら食べる。ニラやしそ、エゴマの葉などはわざわざ畑に植えると言うよりは、庭のあちこちに自然に出てくるのを採っている。サヤエンドウやらインゲンは、毎年冬に剪定された木の枝を使って絡めた垣根のようなものを手にしてのぼらせる。

IMG_4137_Rちょうど毎年5月の連休の頃になると、近所のホームセンターで買ってきたトマトやらキュウリを植えるのがなんとなくの恒例行事となっている。

ちょうど暇をもてあましてたいへんな娘が「私も手伝いたい!」というので一緒にやることにした。IMG_4121_R去年庭の落ち葉を集めて作っておいた腐葉土を畑にぶちまける。同じく去年大量の木の枝を焚き火で燃やしてできた灰やら肥料をまき耕す。余談だが、この腐葉土の中には毎年カブトムシの幼虫が大発生する。子供の友達にただであげたりするのだが、意外に男の子でも虫が苦手な子がいたりして、それでも裁ききれない。さて、ちっちゃかった娘も4年生にもなるとかなり力もつき、教えてもいないのに勝手に鍬を使って耕し始める。役に立たないかと思ったら結構しっかり腰を入れて深く耕しているのにちょっと驚く。耕した後に木の枝をさしてキュウリのツルがつかまるように手を作る。最後に買ってきた苗を植えて水をたっぷり注ぎ、できあがり。夏になる頃には蚊がすごすぎて雑草取りもままならず、雑草と虫の天国と化すため、ほとんど春限定の畑になってしまうのだが、それでもなかなかいいもんです。今年はどれだけ食べられるかな?

IMG_4109_R

短い春

IMG_4086_R 今、うちの庭が1年で一番きれいな時期。ここに引っ越してきてもう10年を超える。その間少しずつ土を運んだり、木を植えたり、また抜いたり、畑を作ってみたり花壇を作ったり、ベンチや池を作ったり・・・、ちびちび暇を観ては手を入れ続け、なんとなく今のかたちになった。ところでうちの庭は南側にお隣の農家の防風のための20メートルを超える常緑樹がそびえているため、日当たりはお世辞にもいいとは言えない。夏はおかげで涼しいが、冬はっずっと日陰になってしまうため池の氷は冬場、何ヶ月も凍ったままになるほど。だから日向の華やかな花々はなかなかうまく育たない。6月を過ぎると一斉に雑草たちがうっそうと繁りだし、同時に大量の蚊が発生し、もう庭を楽しむどころではなくなる。庭の蚊がいなくなるのはなんと11月を過ぎてから。そして再び寒い冬が始まる。

だから4月初めから5月初めまでの短い春は、何より貴重な庭を楽しむ季節になっている。もともと庭に生えていて、何年にもわたって増やしてきたハナニラ、水仙、オー二ソガラム。隣の農家の庭の種から増やしたムラサキハナナが庭中に咲き乱れる。日陰に強いギボウシやクサソテツ、イカリソウ、ミヤコワスレ。近所のホームセンターで買ってきたクリスマスローズやボタンなど・・・あげればきりがないが、ほとんどのものはここに来るまで名前すら知らなかった。

先週あたりから木々の新芽も出始め、明るい緑も加わった。あと半月ぐらいでピークも終わるかな。もったいないので皆さんにおすそわけ。

第2回ホキ美術館大賞展

IMG_3976_R 先日ブログで書いた現在開催中の展覧会、「スモールコレクション」展。しかし現在ホキ美術館で開催中のメインの企画展は「第2回ホキ美術館大賞展」だと言うことはご存じだろうか。これは40歳以下の若手の写実作家を対象に、ホキ美術館が次世代の写実作家の養成、発掘を目的としたコンクールで、今回が2回目となる。今回はホキ美術館アートスクールで教えた若者達も出品していることもあっていったい彼らがどんな成長を遂げているのか興味もあり、是非行かなければと思いつつ、気付くと半年間もある会期ももう残りわずか。今行かなければ見落とすことになってしまうと、先週やっと足を運ぶことができた。率直な感想を言えば、予想以上に質の高い展覧会になっていると言うこと。前回、第1回目とは明らかに質の高さが違う。そして何よりうれしかったのはアートスクール生達がかなりいい作品を出してくれていたことだ。勿論彼ら、彼女らはもともとあちこちですでに活躍している力のある作家達ではあったが、そんな中でもそれぞれのベストを尽くしてくれたのが伝わってきてうれしかった。

大賞を受賞したのもそんな中の一人、先日ホキ美術館名品展で佐賀に行ったときにも会ったばかりの鶴友那さん。水面に横たわる女性像はジョン・エヴァレット・ミレーの有名な1枚、オフィーリアを思い起こさせるが、おそらく彼女は意識的にそれを引用しているのだろう。流れる水と水しぶきのきらめき、どこまでも気を抜くことなく描ききろうとする姿勢が伝わってくる。ハイライトの白のマチエールが、ものを描くための必然から出たものというより、やや機械的なパターンに見えること、そうしたある種工芸的な背景に対し、肝心な人物描写が弱いというのが佐賀勢全体にも言える弱点ではあるが、今回の彼女の作品は他に比べて引けをとらないだけの堂々とした強さを持っていることは確かだと思う。この先、彼女のもともとの持ち味でもある幻想的な雰囲気や装飾性と、リアリティーのある描写との折り合いをどうつけていくのだろうか。互いが相殺することなく相乗効果を生む道を探していけるなら、これまで見たことがない写実絵画を見せてくれるようになるのかも知れない。

武蔵美の卒業生でもある岡村 翔平君の作品は額縁のガラスをも絵画表現の一部に取り込んでいる。水滴で曇った窓ガラスの向こうにいる女性を描いているのだが、曇った窓ガラスを額縁のガラスに水滴状のメディウムで実際に曇らせることで表現している。何を使っているのかはよくわからないが、いくら近くに寄ってみても水滴にしか見えない。下手をすればただのアイデア勝負に陥ってしまうすれすれのところでうまく作品化している。この先彼がどのように作品を展開していけるのか、このパターンのままでは終わらないことを期待したい。

今回の入選作品の中でもし私が個人賞をあげることができるとすれば、松永 瑠利子さんだろう。正面から自分を描いた自画像。左右対称、なんの仕掛けもない。ただただ自分と向き合い時間をかけて描いた絵。しかし彼女の肉眼にこだわって対象を見つめる姿勢の強さにはすごみさえ感じる。ただ単に表面をなぞっただけではない。時間をかけて塗り込められた絵肌は強靱で必然性を持った強い存在感がある。たぶんまだ彼女は自分自身の特性を見つけていない。自分が何に興味を持ち、何をしたいのか。それでも愚鈍なまでに見たままを描き続ける先に何かをつかむことができるなら、彼女にしかできない本当の作家性を発揮するようになるだろうと期待している。

そのほかにも気になる作品は多い。ただの作品の羅列ではつまらないので気になった作品の一部を集めてみた。全体を知りたい方は是非ホキ美術館へ。

今回ホキ美術館名品展としてホキ美術館のメインになる作品が全国を巡回中なので、今行っても観るべきものがないんじゃないかと思っている方がいるとしたらそれは大間違い。ホキ美術館のコレクションはそれほど浅くはありません。メイン作家のいい作品はまだまだちゃんと残っています。そしてこのホキ美術館大賞展。次世代の新たな才能を見つけに連休中、是非足を運んでください。行く価値があることは保証します。そして勿論その際には一角で開催中の「スモールコレクション」展も!!

昨日から・・・。

IMG_0660_R

昨日からホキ美術館の小回廊で始まったSmall Collection展。すでに4回目くらいにはなるんだろうか、毎年ホキ美術館の所蔵作家達の小品(6号まで)を並べて見てもらい、さらにその作品を買えるという企画。購入希望者が慌てて来なくてもいいように、会期中に集計箱に応募用紙を入れてもらい、会期末に抽選でで購入者が決まるというやり方を採っている。今回も14人の作家の小品が並んでいる。私はF6号のオイルスケッチを出品中。よろしければ是非ご覧ください。

ちょうど今はギャラリー1にて第2回ホキ美術館大賞展が開催中。これは40歳以下の若い世代によるコンクールで次世代の写実作家の発掘を目的にした展覧会。これから数年後、その中からいったい誰が頭角を現すのか、見る者も一緒に発掘者の目線で見られる楽しさもある。連休中に是非足をお運びください。

詳しくはこちら。https://www.hoki-museum.jp/news/index.html#Small_Collection2017

いつものように出品作の制作過程とクローズアップ画像など、いくつか載せておく。

ついでにもう一つお知らせ。美術の窓、5月号の特集記事「肌を極める」の中で6ページほどにわたって私の制作過程が掲載されている。ホキ美術館の「スモールコレクション」、彩鳳堂画廊の「彩樹会」と会わせ、美術の窓でその制作過程を読んでいただけると、技法的な側面がより理解しやすいかと思う。“読んでから見るか、見てから読むか、それは貴方次第です。”・・・どっかで聞いたことのあるような宣伝文句だな!。

4gatu20_R

佐賀にて

018_R

もうすでに1週間前の話になってしまった。現在佐賀県立美術館で開催中の「ホキ美術館名品展」でのギャラリートーク。前週にも行われていた若手二人、小木曽誠、塩谷亮のギャラリートークにはかなりの数の観客が訪れていたようで、我らおっさん二人組、大畑稔浩、小尾修でがっくり観客が減っちゃったらどうしよう…、なんてびびりながらの佐賀訪問だった。現地では佐賀テレビがかなり力を入れて宣伝してくれていたようで、その日の朝も我々の顔写真付きの宣伝がテレビCMに流れていた…らしい。自分じゃ見てないのでわからないのだが。そこまでしてもらってお客が10人くらいだったらよっぽど我々の集客力がないって言う証明になっちまうぞ…。佐賀の小木曽君は知っている人はよく知っているとおり、“絵描きとは思えないほど”弁が立つ。関西仕込みの話術で観客を笑かすところから始め、客を飽きさせない芸を持っているのだが、私と大畑さんはモノがなきゃ話がもたないタイプ。そこで事前に作品画像やらビデオを準備しての参戦となった。しかも、もしものための保険としてその小木曽君を司会に立てるという念の入れよう。我ながらお恥ずかしい。

当日は余裕を持って会場に入り、簡単に打ち合わせを済ませ、事前に会場を回って様子を見ることにした。場内はかなりの人出。皆熱心に1点1点の作品に見入っている。トークイベントは会場に入る前のちょっとした広いスペースにて画像を見せながらの話しで始まり、その後場内で実際の作品を前にそれぞれが自作を語るというもの。すでにイベント開始30分前くらいから人が集まり始めている。15分前くらいに私もそろそろスタンバイしようかと会場前のベンチに座って待つことにしたのだが、いつの間にやら大勢の人々が集まってきて、座席はほとんど埋まってしまっていた。ちゃんと背広を着てくる大畑さんとは違い、いつもながらの普段着で出ている私はどうやらすっかり観客と同化してしまっていたようで、後から着た大畑さん、小木曽君は私がどこにいるのか見つけられなかった様子。

 

結果的にはギャラリートークを見に来た観客は200人を超えていたらしい。中にはこの日のためにわざわざ神戸から足を運んできた方も…。見るからに会場いっぱいになった様子にちょっと胸を撫でおろしながらも、これで話しがつまんなかったらやばいぞ…、なんていう別のプレッシャーがかかる。「あぁ、小木曽君に司会頼んどいてよかった…。」

早速「今日は関東からわざわざ2人の先生がはるばる自転車でやってきてくれました…。」…なんて小木曽節を効かせて観客を笑わせる。おかげで出だしはリラックスできた。前半の画像を使ってのトークはそれぞれのこれまでの作品の移り変わりやこだわり、そして技法について駆け足で語り、会場では実際に自作の前で1点1点を解説した。質問のコーナーではたぶん自身も絵を描く方から「こんな絵を描くには何か普通とは違う特別な絵具を使っているのですか?」「これから絵を学ぼうとしていますがどんなことが大事でしょうか?」などと、率直な質問がぽんぽんと上がった。気付けば予定時間を超えて1時間半を過ぎていた。あっという間の90分。しゃべっている自分たちは楽しんでやれたが果たして聞く側にとってはどうだったろう、今となっては気にかかるばかり。

ホキ美術館名品展と同時開催中、美術館から歩いて10分ほどの所にある佐賀大学での「DRAWLING ~描く系譜~小木曽誠とその周辺展」にも午前中に足を運ばせてもらった。そこにも私と大畑さんの作品が各自7,8点ほど展示されている。実は私の作品のうち1番多くのコレクションを持っているのは勿論ホキ美術館なのだが、その次にまとまって持っているのは佐賀のコレクター。今回そのホキ美術館と佐賀にある作品が同時に公開されているので、これほど自分の作品を過去のものから最近のものまで1度に見られる機会は私にとっても珍しいことでもある。

 

佐賀大学の美術科は教育大学であるにもかかわらず多くの作家を輩出していることから最近よく話題に上っているので、知っている方も多いかと思う。そこには小木曽誠という教師の力が大きく関わっているのは周知のこと。彼が学生を駆り立て、地方から東京のギャラリーへ作家として押し出すまでのバイタリティーには目を見張るものがある。

その日も我々が大学に行くことを伝えるとすぐに彼が学生達に集合をかけ、朝から多くの学生達に会うことができ、展覧会場を見た足で彼らの教室も案内してもらった。人数が少ないとは言え、それでも決して広くはないアトリエではあったが、そこを効率よく仕切り、1年から大学院生までおのおのの作品制作にいそしんでいる様子を見て取ることができる。すべての学年の学生が一所で制作している姿は大きな大学では見ることができない風景だが、上下の学生がお互いを見ながら刺激し合える環境が絵を学ぶ上で大きなプラス効果を生んでいると言えるのだろう。彼自身のアトリエも学生達のアトリエの真向かいにあって非常に学生と近い関係を保っているようだ。教育大学と言うことで学生達が絵を描ける時間は驚くほど限られているようだが、さすが偏差値が高いだけあって我々に対しても質問が積極的だと感じた。

まだまだいろんな問題は抱えているにしても、この地でここまで学生達を盛り上げてきた功績は大きいと思う。

さて、そんなこんなであっという間の2日間。佐賀での展覧会はまだまだ続きます。あ、佐賀大の方は明日までかな?よろしければ両展覧会、是非ご覧ください。

第22回 彩樹会

ごめんなさい。またもや案内が遅れてしまいました。

京橋の彩鳳堂画廊で4月12日~開かれている第22回 彩樹会にF20号のオイルスケッチを出品している。会期は28日まで。まだ時間はあるので是非実物をご覧あれ。

私は普段からこのブログやらフェイスブックなどで自分の作品の制作過程やらクローズアップ画像をかなり多く公開している方だと思う。私のようにあまり作品数が多くないものにとって、なんとか少しでも作品を知ってもらおうとすると、そんな方法でしかやりようがない。なんとか実際の作品の雰囲気や手触りのようなものまで伝えようとすると、いろんな手を使わざるを得ないのだが、とはいえ、それでもやはり実物を見てもらう以上のものは見せようがないというのも本当のところ。色にしても筆触にしても、実物のようなわけにはいかない。

そんなわけで今回も制作過程など、いくつかのせておくことにする。もしよろしければ会場に足をお運びください。たぶんもっと何かが見えてくるはず。…です。

詳しくはこちら。

http://www.osamu-obi.com/exhibition/2017/04/22.html

IMG_0782_R